口呼吸のデメリットについて|七里KT歯科矯正歯科|さいたま市見沼区

新型コロナウイルス対策について

  • 無料駐車場バリアフリー訪問歯科診療
  • なるべく歯を抜かない治療はこちら
  • マイクロスコープ精密治療に対応
  • ネット予約・お問い合せ
  • 大和田・岩槻・大宮公園すぐ
  • 048-688-9900
  • 埼玉県さいたま市見沼区風渡野582-3

口呼吸のデメリットについて

投稿日:2021年4月6日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。七里KT歯科・矯正歯科です。

 

みなさん呼吸は鼻呼吸でしていますか?口呼吸でしていますか?

実は口呼吸になると多くのデメリットがあるのでご紹介します。

 

①風邪をひきやすくなる。

鼻呼吸は細菌やウイルスを遮断する構造をしています。

そのため風邪をひきにくかったり、ウイルスに感染しにくいのですが、

口呼吸では、そのまま身体に取り込むため風邪やアレルギーになりやすいのです。

 

 

②むし歯や歯周病、口臭につながる

口呼吸をしてお口の中が乾燥し、唾液分泌が低下することで

唾液の役割が失われ虫歯や歯周病になりやすく、口臭も気になりやすいです。

 

 

③お口周りにシワが出やすくなる。

お口を開けているため、筋肉が緩んだ状態が続くため筋肉が衰えてきて、お口周りのシワの原因となります。

 

 

⑤歯並びが悪くなる

口呼吸の状態が継続的に続くと、本来は上アゴの歯茎に舌が付くのですが、口呼吸をすると舌が前歯を押す位置に来てしまうため出っ歯などの原因になることもあります。

 

このように口呼吸は悪影響が大きいです。

 

 

もし癖で口呼吸をしている時は、お口を閉じて鼻呼吸を心掛けることで改善することが可能なので意識してみてください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る